« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月21日 (金)

大活躍、カフェオレ・ボウル。

0418cafedot 0419cafebird_1  実家を出て学生寮で暮らし始めた時、最初に買った食器はカフェオレ・ボウルでした。気に入ったご飯茶碗やマグが見つかるまで、ごはんを食べるのもお茶を飲むのもラーメンを食べるのも、そのボウルひとつで済ませていたのです。

0418cafebrown 0418cafeswan_2

 今でも、お茶漬け・丼もの・麺類・スープ・サラダ・シリアルなど、色々なものを盛りつけるのに使っています。もちろん、カフェオレや紅茶など、温かい飲み物をたっぷり飲みたい時にも。カフェオレボウルは、一番好きな食器かもしれません。

 丼ほどもあるような大きなサイズのものが好きなのですが、国内のメーカーのものは小ぶりなものが多いようなので、フランス製のものを買うことが多いです。国産のものよりも作りが雑で、絵柄もブレていたりかすれていたりするのですが、それもまた、味わいのひとつかなぁ…なんて思っています。

| | コメント (4)

2006年4月14日 (金)

ビルケンシュトック マドリッド

0413sandal 一度履いてしまったら手放せなくなるビルケンシュトック。何年間も履いてかなりくたびれてきたものを含め、靴1足とサンダル3足を、とっかえひっかえ履いてきました。

 これは、最近買った、珍しいエナメル・バージョン。大人っぽさ&よそ行き度が少しだけアップしているでしょ。

 それにしても、ビルケンシュトックの履き心地と丈夫さは特筆もの。こういうふうに、きちんとしたモノ作りを続けているドイツって国はすごいよな~と思ってしまいます。

 余談ですが、ビルケンシュトックのコピー商品が、商店街の小さな靴屋さんだのディスカウントショップだので売られていることがありますよね? 「ビリケンサンダル」なんて手書きの張り紙があったりして。なんでビリケン…?

 

| | コメント (12)

温泉バッグ

0410onsenbag  ずいずいと私が共有している温泉バッグです。

 中は、濡れた小物の水が切れるよう底に小さな穴が開いている部分と、濡れると困る小物を入れてジッパーで閉じられるようになっているポケットがあります。温泉・スーパー銭湯・プール・海水浴、それから、旅行や出張の荷物をまとめる時にも便利。

 シックなのからポップなものまで、いろんな絵柄があるので、迷いながら選ぶのが楽しい。これは、「狼と七匹の仔ヤギ」の絵で、ずいずいがとても気に入っています。

| | コメント (0)

2006年4月 4日 (火)

幼稚園大好き。

0403maria    先月、年少組の終了式間近のある日、幼稚園の園庭で撮影した写真。

 ずいずいの園生活をいつも見守っていてくださるマリア様、どうもありがとうございます。

 いつもずいずいを背中に乗せてくれているヨーゼフ(←私が勝手に名前をつけた)も、どうもありがとう♪ 

0403yozef 年中になっても、元気に楽しく園生活が送れますように。

| | コメント (2)

シンプルなおもちゃ

0403mamagoto_1 0403mamagoto2

 ずいずいのおもちゃはかなり真剣に選びます。

 できるだけシンプルで飽きのこないもの。プラスチックでなく木やブリキのもの(木やブリキは使用感が味わいになるけれど、プラスチックは古くなると汚くなるだけなので)。色使いがごちゃごちゃしていないもの。

0403mamagoto3 0403mamagoto4

 0403nawatobi

 アニメっぽいものではなく、絵本っぽいテイストのもの。

0403shavel0403backet  

0403parashoot もちろん子ども用なのだけど、デザインや造りがしっかりしていて、“子どもだまし”ではないもの。

 大人の居住スペースにそれが転がっていたとしても、イヤじゃないもの。

 最初、ずいずいは、「おともだちのおうちみたいに、ディズニーのものや、プリキュアのものが欲しい」と思っていたようですが、このごろは、「ママが買ってくれるおもちゃって、けっこう楽しいかも」と、少しずつ理解し始めてくれているような気がします。“親の本気”は絶対に子どもに伝わるものなんだなぁ…と、ちょっぴり嬉しく感じているこのごろです。

| | コメント (0)

枕元に獏。

0403baku_1 「獏は悪い夢を食べてくれる動物なんだよ」と教えてあげたその日から、獏をいたく尊敬している様子のずいずい。

 時々、怖い夢を見て泣きながら起きてしまうずいずいに、枕元のお守りとして、獏のぬいぐるみを買ってあげました。

 ずいずいの悪い夢を全部食べちゃってくれるといいのですが。

 それにしても、“獏”のことを考えるたびに、善人ぶった大和田獏の顔が浮かんできてしまって困ります。まるで悪夢のようです。

| | コメント (2)

本屋さんが好き。

0403bookshop20403bookshop   うちは夫婦ともに本好きであり、本屋好きでもあります。どうしても必要な本はAmazonなどで取り寄せますが、時間のある時に本屋さんをうろうろするのもまた楽しいもの。大きな本屋さんに立ち寄ると、半日くらいはあっというまに過ぎてしまいます。

 そんな私たちの血を受け継いだのか、“本屋で長居をする”というクセが後天的に刷り込まれたのか、ずいずいも本屋さんで過ごすのが大好き。外出時は必ず、「ママ、本屋さんに寄っていい?」と訊いてきます。そして、こちらから「そろそろ帰りましょう」と言い出すまでは、1時間でも2時間でも、夢中で本を立ち読みしています。

 いつの日か、ずいずいと一緒に、古本屋さんめぐりとか、外国の書店めぐりなんかもやってみたいなぁ、と思っています。

| | コメント (2)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »