2006年3月 3日 (金)

不二家の雛ケーキ

0303hinacake  もっと美味しいケーキ屋さんは色々あるけれど、ずいずいの希望は「ペコちゃんポコちゃんのお雛さまがのっている不二家の雛ケーキ」でした。

 不二家の子ども用インチキ白酒と、子ども用インチキシャンパン(ピーチ味)も買って、大満足のずいずいなのでした。

 ようやく4歳のお節句。何歳まで一緒に桃の節句をお祝いできるのでしょうね。

 

| | コメント (2)

鶴屋吉信の干菓子

0303higashi  いただきもの。『鶴屋吉信』の、桃の節句用お干菓子です。

  和菓子は、いただく前に、その姿形で目を楽しませてくれますね。ずいずいと一緒に千代紙で“お菓子入れ”を作り、その中に飾って眺めながら、少しずついただいています。

 今日は桃の節句なので、お抹茶と一緒にいただきました。略式でお薄をたてただけですが、京都のお菓子にあわせ、美しい京焼のお抹茶茶碗を使いました。

 自宅の目の前の公園では、桜のつぼみが少しずつふくらみ始めています。いよいよ春ですね。

| | コメント (0)

2006年2月 3日 (金)

アンビバレントな巻き寿司

0203sushi  かつて、某お菓子メーカーが「バレンタイン・デイはチョコレートを送る日」というキャンペーンを仕掛けたように、「節分には巻き寿司」というこの騒ぎ(?)にも、なんらかの“意図”というか、“仕掛け”を感じますよね。そもそも、ワタシが子どもの頃は、豆をまいたりヒイラギを飾ったりはしても、巻き寿司なんて食べなかったもの。関西発の習慣だということですが、関西人の友人に聞くと、一部の地域に確かにそういう習慣はあるものの、けっしてメジャーな行事ではなかったそうですし…。

 なので、「うちは巻き寿司は作らないぞ。カレーにでもするか!」と思っていたワタシ。自分は広告屋のくせに、広告に踊らされるのはイヤだという、このアンビバレント。

 ……が、ある海苔メーカーから、ずいずい達の幼稚園に、『手巻き寿司セット(焼き海苔・小さめの巻き簾・小さめのしゃもじ・巻き寿司のレシピが書いてあるリーフレット)』が園児の人数分プレゼントされたとのことで、今日、ずいずいってば、それをニコニコと持ち帰って、「ママ、今日はお寿司を食べる日なんでしょう? 先生がそう言ってた。このお海苔で一緒に作ろうね。みぃ、お手伝いするよ♪」と言うのです。むぅ……。これを、“メーカーさんのご厚意”ととるか、“餌付け”ととるか、とても微妙なところではありますが、「お寿司作るんでしょ!? 作るんだよね? だって、せっかくみぃがお海苔もらってきたんだもん」という気持ちてんこ盛りの表情でワタシを見上げる、キラキラとしたこの2つのまなこ…。

 結局、「クリスマスもバレンタインも節分も、イベントとして楽しんでしまいましょう。それで思い出が増えるならいーじゃないの」と考えることにして、今夜はくるくると手巻き寿司パーティーに。普段、酢飯はあまり食べないずいずいですが、自分が持ち帰ったお海苔を使って、自分で作りながら…というのがとても楽しいらしく、太巻き1本ぺろりとたいらげました。

 ま、いっか、ずいずいはすごく楽しそうだったし。

| | コメント (2)

ヒイラギと、鯛?

0203iwashi  ずいずいが幼稚園で作ってきた、鬼のお面(頭にかぶるタイプ)と、オーナメントらしきもの。

 「こむぎこねんどと おしおを いっしょうけんめいまぜて いわしをつくり、ひいらぎと豆をつけました。ぜひかざってください」という、先生からのお手紙つき。

 イワシだったんだね、ずいずい。ママは鯛かと思ったけど。

*最近は大豆アレルギーの子どもが多いせいか、 大豆ではなく殻つきのピーナッツを飾りに使ってありました。幼稚園での豆まきの後、「年の数だけ食べたお豆」もピーナッツだったそうです。が、ピーナッツ・アレルギーの子もいて、その子はまた別のなにかを食べていたとのこと。先生方、お疲れ様です…。どの子のアレルギーも、大きくなるにつれて治っていきますように。

| | コメント (2)

福は内

0203mame  ずいずいが島津成晃さんのお宅でいただいてきた福豆(そのへんで売ってる豆の何倍も効果がありそう…)と、ずいずいお手製の鬼のお面。

  今年はなぜか、豆まき用の大豆が「鬼打ち豆」という名前で売られていることが多いけれど、ワタシはやっぱり「福豆」という呼び方の方が好き。

   今日が季節の境目で、明日は立春。少しずつ春が近づいてくる。

 良い春でありますように。

| | コメント (0)